記事一覧

Airペイ

Square

TimesPay

楽天ペイ

COINEY

比較結果

Times Pay(タイムズペイ)のメリット・デメリット|導入前に把握するべきこと

Times Pay(タイムズペイ)のメリット・デメリットとは


タイムズペイのメリット・デメリット

Times Pay(タイムズペイ)はクレジットカード、交通系電子マネーやWAON、nanacoなどの流通系電子マネーまでモバイル決済出来て、

初期費用無料!、通信費無料!月額固定費も条件無しで無料のモバイル決済システムです。

この駐車場のTimesが運営するモバイル決済システムのTimes Pay(タイムズペイ)ですが、導入するにあたり

メリット、デメリットを把握しないと、自分の商売に向いているかどうかもわからないと思いますので

Times Pay(タイムズペイ)のメリット・デメリットを紹介します


▼詳しくはTimes Pay(タイムズペイ)のHP確認



Times Pay(タイムズペイ)のメリット

Times Pay(タイムズペイ)のメリットはたくさんあるので順に紹介します。

メリット1:最初から全てセットになっている

Times Pay(タイムズペイ)は最初からタブレット、カードリーダー、モバイルプリンターがセットになっています。

後から追加の必要が無いので、これに合う機種はとか悩む必要はありません!

他社はカードリーダーだけ無料で、タブレットとプリンターはお客様準備が多い中で
Times Pay(タイムズペイ)だけはタブレット・プリンターを含めて全てセットになって無料です

▼セット内容

Times Payのセット内容①Times Payのセット内容②


ちなみ他社は・・

  タイムズペイ   Airペイ Square   Coiney
 タブレット
(スマホ)
   〇  ×  ×
 カードリーダー    〇  〇  〇
 プリンター    ×  ×  ×

※〇はメーカー手配で無料



メリット2:初期費用無料

Times Pay(タイムズペイ)のタブレット、カードリーダー、モバイルプリンターは無料レンタルとなっており、

初期費用はまったく発生しません。 4Gの通信費もコミコミ無料でWi-Fi接続は出来ないようになっているので

お店の通信環境を導入する隠れ費用も発生しません!!通信費無料はTimes Pay(タイムズペイ)のみです。


ちなみ他社は・・

  タイムズペイ   Airペイ Square   Coiney
 タブレット
(スマホ)
 無料  無料 お客様準備 お客様準備
 カードリーダー  無料 無料 無料 無料
 プリンター 無料 お客様準備 お客様準備 お客様準備
 通信費 無料 お客様準備 お客様準備 お客様準備



メリット3:初期設定は営業マンが設定してくれる

導入して最初の設定時はTimesの営業マンが来てくれて説明・設置を行います

やっぱり最初は分からないことがたくさんありますよね?これは全国に営業所があるTimesのみのサービスです。


ちなみ他社は・・

  タイムズペイ   Airペイ Square   Coiney
担当営業マン  〇  × × ×
 セットアップ 専属スタッフ  ×  × × 


メリット4:電話対応も365日

Times Pay(タイムズペイ)は1年365日電話対応してくれます。しかも9:00~23:00です

他社は平日のみの電話対応のところがほとんどなので安心できますね!しかもすぐ出るそうです。

対応時間もこんなに長いのはTimes Pay(タイムズペイ)だけです。


ちなみ他社は・・

  タイムズペイ   Airペイ Square   Coiney
電話対応 9:00~23:00
※365日
9:30~23:00
※365日
10:00~18:00
※年末年始のぞく
10:00~18:00
※平日のみ


メリット5:業界最安値水準の決済手数料

Times Pay(タイムズペイ)の決済手数料はクレジットカードも電子マネーも業界最安値の3.24%~となっています。

この決済手数料の割合は他にこれより低い所はありません。

またTimes Pay(タイムズペイ)はキャッシュレス・消費者還元事業に登録されているので、

2019年10月~2020年6月の期間はDISCOVER(クレジット会社)を除く
クレジットカード・電子マネーの決済手数料は3.24%~3.74%が実質2.16%になります


ちなみ他社は・・

他社の決済手料はほぼ一緒となっています。2019年10月~2020年6月の期間も実質2.16%となっています。



メリット6:WAONとnanacoが決済出来るのはTimes Pay(タイムズペイ)

流通系電子マネーのWAON、nanacoの両方が決済できるのはTimes Pay(タイムズペイ)だけです。

イオンやイトーヨーカドー系、セブンイレブンの店舗の近くのお店なら、これが決済できるのは大きなアドバンテージとなります。


ちなみ他社は・・

  タイムズペイ   Airペイ Coiney
交通系電子マネー  交通系電子マネー   
 流通系電子マネー  流通系電子マネー  なし   なし
 ネット系電子マネー なし   ネット系電子マネー  なし

※Squareは電子マネーに対応していなので、除外しています。



メリット7:Times Pay(タイムズペイ)のクレジットカード決済は分割も出来ます

Times Pay(タイムズペイ)のクレジットカード決済は分割も出来るので高額品を販売するお店にも向いています。

▼カード別分割状況

VISA / Master Card:1回払い・2回払い・分割払い(3.5.6.10.12.15.18.20.24)・リボ払い

Diners Club:1回払い・リボ払い(分割払いは×)

JCB / AMEX / Discover:1回払い(分割払いは×)


ちなみ他社は・・

  タイムズペイ   Airペイ Square   Coiney
支払回数 VISA / Master Cardのみ
2回~最大24回・リボ
一括のみ 一括のみ VISA / Mastercard のみ2回、リボ


メリット8:振込手数料無料

Times Pay(タイムズペイ)は振込み手数料無料です。せっかくの売上から手決済手数料を引かれて

さらに振込手数料まで引かれることはありません!


ちなみ他社は・・

  タイムズペイ   Airペイ Square   Coiney
振込手数料 無料 無料 無料 売上合計10万円未満:200円
売上合計10万円以上:無料


メリット9:操作が簡単!

Times Pay(タイムズペイ)は操作がとっても簡単なので、年配の従業員でも安心して使えます。

▼クレジットカード、電子マネーの決済方法はこちらを参照

【画像説明】Times Pay(タイムズペイ)のタブレットは簡単操作|年配の方でも安心して操作できる

Times Pay(タイムズペイ)はとっても簡単に操作できます。電源を入れるところから、レシート発行までの手順を紹介します。



Times Pay(タイムズペイ)のデメリット

Times Pay(タイムズペイ)のデメリットは多くありませんが、紹介します。


デメリット1:振込回数は月2回

Times Pay(タイムズペイ)の振込回数は月2回(毎月15日と月末日の2回)です。

他の決済サービスは最大月6回とかあり、2回は少ないほうです。でも2回でも充分では?


ちなみ他社は・・

  タイムズペイ   Airペイ Square   Coiney
振込回数 月2回 月3回/月6回
※どちらか選択
三井住友銀行・みずほ銀行の場合:
決済翌日
その他金融機関:
毎週水締め、同週金振込
 手動入金:月6回まで
自動入金:月末締め、翌月20日払い


デメリット2:審査期間は3週間

Times Pay(タイムズペイ)の申し込んでからの審査期間は3週間と長めです。

他では1週間とかありますが、クレジットカード、WAON、nanaco、交通系電子マネーの各社の審査もあるので

3週間と長くなっています。


ちなみ他社は・・

  タイムズペイ   Airペイ Square   Coiney
審査期間 約3週間 約2~3週間 最短申込み当日
通常2~3営業日
 2~10営業日


デメリット3:POSレジは非対応

Times Pay(タイムズペイ)は打ち込んだ金額の決済のみで、POSレジのようにスキャンして決済は出来ません。


ちなみ他社は・・

  タイムズペイ   Airペイ Square   Coiney
POSレジ対応 非対応 対応 対応  対応

ただし、POSレジと連携する場合は既存POSレジをBluetooth接続のPOSレジに変更する必要があります



デメリット4:QRコード決済は非対応

Times Pay(タイムズペイ)はQRコード決済出来ません。なので中国人観光客向けの「アリペイ」「WeChatペイ」は決済出来ません。


ちなみ他社は・・

  タイムズペイ   Airペイ  Coiney
 QRコード なし   AirペイQRで扱うQRコード決済
3.24%
※別途申し込みですが
決済手数料のみです
 WeChatpay
3.24%


ただし、PayPayは初期費用無料・月額固定費無しで簡単に申込めるので、Times Pay(タイムズペイ)の組み合わせ的に最適です。Alipay(アリペイ)も決済出来るので、中国人観光客向けも完璧です。

5702


Times Pay(タイムズペイ)のメリット・デメリットまとめ

Times Pay(タイムズペイ)はデメリットもありますが、メリットの方が多いです。

モバイル決済に不安がある方に向いており、営業マンがいる!電話相談365日9:00~23:00対応!困った時に一番頼りになるのがTimes Pay(タイムズペイ)です。

Timesは日本全国に営業所もあり、営業マンに初期設定などに立ち会ってもらえるだけでも安心しますよね?

結局全て初期費用も維持費も0円で、支払うのは決済金額に対しての手数料(業界最安値)のみで

個人事業主様向けにこれでもか!とサービスとコスパを充実させたTimes Pay(タイムズペイ)。今が導入のチャンスです


▼詳しくはTimes Pay(タイムズペイ)のHP確認





Times Pay(タイムズペイ)の詳細についてはこちらの記事を参考にして下さい!

Times Pay(タイムズペイ)の評判・口コミ

Times Pay(タイムズペイ)は駐車場サービスのTimesを運営するパーク24株式会社のモバイル決済システムです。 特徴はモバイル決済に必要なタブレット、クレジットカードリーダー、モバイルプリンターが全てセットになっている事と、 Times Pay(タイムズペイ)だけは相談して、会える営業マンがいる事です。 クレジットカードだけでなく電子マネーが決済出来る(2018年12月より)モバイル決済出来るシステムです。 機器は実質0円で導入可能!機器3点セットで、ネット環境も導入工事も必要ありません



関連記事

Airペイ

当プログ1番人気
サービスを追加出来る!

Square

ほぼ審査が通る手軽さ
クレジットカード決済だけなら最適

TimesPay

クレジットカードと電子マネー決済が出来る
アフターサービス最強、来てくれる担当あり

プロフィール

白石有希

Author:白石有希
スマホやタブレットで、
クレジットカードや電子マネー、QRコードを決済する
モバイル(スマホ)決済をわかりやすく紹介・比較しています。

PayPay

モバイル決済の追加に最適!!
話題の費用全部0円のQRコード決済
5702

POSレジ導入には

POSレジ導入のご相談は

おすすめモバイル決済

各社のモバイル決済の 特徴別に選べます。
 おすすめ  サービス  紹介P
・クレジットカードOK
・電子マネーOK
・追加でQRコードOK
・追加でポイントOK
・追加で待ち合わせOK
・軽減税率補助金欲しい
・最初は軽く、後で追加したい
・中国人観光客が来る
 Airペイ  
・クレジットカードOK
・クレジットカードだけで良い!
・とにかく簡単にしたい
・無料サービス充実
・軽減税率補助金欲しい
・客数・売上はちょっと・・
 Square  
・クレジットカードOK
・電子マネーOK
・QRコードOK
・最初からMAXでOK
・客数が多い
 楽天ペイ  
 ・クレジットカードOK
・クレジットカードだけで良い
・駐車場が少ない
・営業マンの説明が欲しい
Times TimesPay  
・クレジットカードOK
・中国人観光客が来る
 Coiney  

最新コメント

プログランキングに参加しています

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR